Hint

心理カウンセリングは、健康を保つために合理的な方法です

飯塚市「Chandra・はたらくラボ」のサイトへのご訪問、ありがとうございます。人間関係改善スペシャリスト・ハチコです。 勇気をだしてカウンセリングに来てくださった方に、その勇気が最良の結果につながるようにお手伝いをしています。

 

カウンセリングを受けてみたいけど、弱い人と思われたくない。

そんな理由でカウンセリングを遠ざけてしまうケースはよく聞きます。

日本ではカウンセリングにネガティブなイメージがありますが、欧米ではポピュラーな健康管理法です。日本人が「かかりつけ医」を持っているように、欧米では多くの人がマイドクター・マイカウンセラー・マイフャイナンシャルプランナーを持っているといわれます。 「体・心・経済」をトータルして健康ととらえて、よりよい人生を築くことに積極的なんですね。

 

日本では心の健康づくりよりも、体の健康づくりの情報量が圧倒的に多いのが現状です。 心の健康づくりの方法がわからない状況の中で、「カウンセリングは精神的に弱い人が利用するもの」とイメージがついています。

 

ここに、ひとつの思い込みがあるのにお気づきでしょうか?

 

「精神的に弱くてはならない」

 

つまり、いつだって強い精神でないといけない!ということですね。

 

「精神が強い・弱い」という表現は一般的ですが、そもそも心は「揺らぐ」のが当たり前です。精神は弱くもあり、強くもある。・・・そう言い変えることができます。その揺らぎの中で、自分だけでは支えきれないときに誰かのサポートを受けるのは、とっても合理的な方法だと思いませんか?

 

あえて「強い・弱い」という視点でとらえると、勇気を出してカウンセリングを受けに来る人は、絶対的に強い人でしょう。

なぜなら、「あいつは弱い」という世間の目に負けることなく「カウンセリングに行く」という行動しているからです。

そして、自分の心の内側を見つめるという、時に苦しさを伴うことを積極的にしている人なんです。

「回復したい!」という人の、心の奥底に宿る根源的な生命力。 

私はカウンセリングの現場で、その力の存在をいつも実感します。

 

なので、「精神的に強い・弱い」という概念にとらわれないでいいですよ。

そうお伝えしたいです。

 

家族や友人など身近な人に話を聞いてもらえるだけで、元気が回復するときもあります。でも、身近な人だからこそ言えない・言いたくないこともありますね。

 

そんな時は、プロの手を借りてみてください。 

 

悩み解決までの道筋を一人で歩くのと、ガイド(カウンセラー)と二人で歩くのとはきっと違いますよ。

 

************************************

 

当相談室のカウンセラーは50代。個人宅を利用したアットホームな空間で、あなたのお悩みをゆっくりとお聞きしています。20~70代の方々がご利用になっています。まずは、体験カウンセリングにいらしてくださいね。

初回相談 90分¥6,000(当サイト特典。通常¥12,000)

 

************************************

 

~飯塚市「Chandra・はたらくラボ」のプログラムなど詳細は、コチラをクリック👉 幸せな働き方改革

 

 

 

Access

飯塚市にある「はたらく女性の悩み相談室」。仕事×心理の専門家・産業カウンセラーが、幸せな働き方改革をサポートします!

概要

相談室名 Chandra・Hata×Raku Lab.(チャンドラ・はたらくラボ)
相談室住所 相談室は2か所あります。①飯塚バスターミナル徒歩圏内②卸商団地バス停徒歩圏内 (初回ご利用時に会場詳細お知らせいたします)
電話番号 090-4474-9698
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎週水曜日 毎年12月29日~1月3日
備考 女性専用の相談室です。

アクセス

個人宅を利用したアットホームな空間で、あなたのお悩みをゆっくりとお聞きします。
相談室にお越しになれないときは、ZoomやLINEでのオンライン相談も可能です。

悩み相談に加え、マインドフルネスヨガ瞑想&メンタルトレーニングの手法を活用して、似たような悩みを二度と引き起こさない思考回路づくりをお手伝い。守秘義務により、ご相談内容が口外されることはありません。 安心して、お気軽にご連絡ください。
Contact

お問い合わせ